ユーザ用ツール

サイト用ツール


aws:route53:index.html

Amazon Route 53

Amazon Route 53の特徴

Route 53を使うメリット

  • DNSを設定する時にシリアルを意識しないでよい。(AWSが自動で設定してくれる)
  • Route53とELBなどのリソースが同じアカウントの場合、エイリアスで候補がでる。
  • 証明書やメール送信の自ドメインのチェックなどで、ドメイン確認にTXTレコードが必要になりますが、画面の指示に従うだけで、自動的に登録をしてくれる。


エイリアスレコード

  • AWSの機能です。
  • Aレコードに、IPアドレスを直接入力するのではなく、ELBなどAWSリソースをターゲットにすることができます。
ターゲットのヘルスを評価

エイリアスレコードを登録する際に、「ターゲットのヘルスを評価」を有効にすることができます。
有効にすると、AWSリソースが正常である場合のみ、Route 53が応答するようになります。

ヘルスチェックが失敗している時にも応答して欲しい時には、OFFにしましょう。


ELBを登録する際に、エイリアスレコード(AレコードのALIAS)かCNAMEレコードか

結論は、AレコードのALIASがいいです。

  • DNSの問い合わせが1回で終わる。
  • AWSを使っていることが分からない。
  • AWS Trusted Advisorでは、ALIASレコードが使える場面でCNAMEを利用していると、警告を出してくれます。


DNS問い合わせ時の違い

Aレコード
$ dig alb1.example.com
(略)
;; ANSWER SECTION:
alb1.example.com.	60	IN	A	**.**.**.**
alb1.example.com.	60	IN	A	**.**.**.**
CNAMEレコード
$ dig alb2.example.com
(略)
;; ANSWER SECTION:
alb2.example.com.	300	IN	CNAME	***-***-****.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com.
***-***-****.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com.  60	IN A **.**.**.**
***-***-****.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com.  60	IN A **.**.**.**


別アカウントのエイリアスレコード登録は可能か

可能です。
登録時に候補がでてこないですが、直接入力することで、登録することができます。

aws/route53/index.html.txt · 最終更新: 2021/08/22 01:06 by kurihara

ページ用ツール