ユーザ用ツール

サイト用ツール


aws:vpc:operation:privatelink

Amazon VPC (Virtual Private Cloud)で、プライベートクラウド

AWS VPC Privatelinkとは。利用用途と設定手順

AWS PrivarteLinkとは

  • 自分のVPCのNLB配下のWEB等のサービスを、同一リージョン内の他のVPCに公開できるサービス。
  • VPCピアリング等と異なり、IPアドレスレンジの重複等の考慮が不要
  • AWS内に閉じた安全なNW接続を実現できる。
  • サービスを公開する側(エンドポイントサービス)と、サービスにアクセスする側(インターフェースエンドポイント)のセットで構成される。


PrivateLinkで利用できるVPCエンドポイント

Gateway Endpoint
Interface Endpoint
Gateway Load Balancer Endpoint


操作手順イメージ

  1. VPC(Consumer)側にEC2(WEB Client)、VPC(Provider)側にNLBとEC2(nginx)、を作成する。
  2. VPC(Provider)側で「エンドポイントサービス」を作成し、NLBを指定する。
  3. VPC(Consumer)側で「インターフェースエンドポイント」を作成し、接続先として、「エンドポイントサービス」を指定する。
  4. VPC(Provider)側で、「インターフェースエンドポイント」の接続要求を承認し、接続を確立する。
  5. EC2(web client)からEC2(nginx)へPrivateLink経由でhttpアクセスする。


参考

aws/vpc/operation/privatelink.txt · 最終更新: 2022/06/14 00:50 by kurihara

ページ用ツール