ユーザ用ツール

サイト用ツール


cloud:why-cloud.html

「Top#クラウドとは」に戻る

クラウドを利用するメリット



クラウドを利用するメリットは、時間がかかり、大変な部分をクラウドベンダーが見てくれることにより、
私たちの時間が空き、より会社から評価されること、より好きなことに時間を使えるようになります。


例えば、オンプレでやるパッチ管理とか在庫棚卸とか、しっかりやると結構大変なのに、
時間をかけても評価されずらいと思っています。

このページでは、クラウドを使うことで、なくなる作業をみてみたいと思います。
(もちろん必要に応じて、サーバ再起動をしないといけないこともあります。)



作業時間のかかる物理作業がなくなる

時間のかかる物理作業が不要になります。

ハードウェアのファームのバージョンアップ、把握が不要

ハードのBIOSやファームの管理、バージョンアップをしっかり行おうとすると大変です。
台数が多いと把握するだけでも大変です。
しかも本番サーバを再起動するとなると、開発者との調整も必要になります。

クラウドなら、ファームウェアの管理、対応をクラウド業者に任せられます。


ハードウェアの在庫管理が不要になる

メモリーやHDDなど故障する部品を在庫として抱える必要がなくなります。

メモリーやHDDの在庫管理大変です。クラウドなら棚卸しもする必要がありません。


現地に行かないでもよい

部品が故障したとかで、現地に行く必要がなくなります。
データセンターへの移動だけでも、1時間とかかかります。

海外で利用する時も、わざわざ海外に行く必要がないです。
メンテナンス、調査も日本からできます。


その他

  • ハードウェアのファームやドライバーのバージョン管理
  • 在庫パーツの管理、棚卸 (種類が多くて大変)
  • メモリーを物理的にサーバにさす作業がない。 (メモリーの在庫管理も不要になる)
  • キッティング(ダンボールから出して、HDDやメモリーを取り付けたりが不要)
  • ラッキング(重いサーバを持ち上げないで良い。)
  • ケーブリング(時間のかかるLANケーブル,FCケーブルの敷設が不要。)
  • ハードウェア管理(EOL/EOSや保守期限の管理)
  • データセンター引き渡し、機器納品、回線導入などの立会い
  • データセンターの見積もり(ラックや電源の費用)
    機器の費用見積もりなどは必要
  • データセンターの下見


柔軟な増減対応

お試しができる

オンプレだと初期費用や1年、複数年の縛りがあるが、クラウドの場合、緩いことが多いです。


導入スピード

欲しい時にすぐに手に入れることができます。
ビジネスにとって、重要です。

オンプレの場合、機器調達するために1、2カ月かかるのが普通ですが、クラウドの場合納期待ちはありません。
使いたい時にすぐに使えます。


災対設計のしやすさ

災対を考慮しているクラウドを選択すれば、自分たちで災対運用を考慮する必要がなくなります。
例えば、DNSやメールなどが東京23区災害の時にも、使えることができると考えられる。

災害対策をするのは莫大な費用がかかりますが、クラウドだと簡単にできます。


高度な技術がなくても高いレベルで利用可能

高度な技術がなくても利用者として使えます。
信頼性などが高められたサービスを使えます。

特にマネージドサービスは簡単に利用できるようになっています。


ライセンス管理のしやすさ

cloud/why-cloud.html.txt · 最終更新: 2020/03/12 09:40 by kurihara

ページ用ツール